« 届 | トップページ | 姫、天使、しずかとビール »

2009.03.30

帝玉と子持ち蓮華

まず、うちには残らず、プンヤ宅へ行くふたつです。

Dscn0532_2 <プレイオスピロス 帝玉>

なんだか歴史に出てきた、プトレマイオス朝みたいな名前ですね。それがなんだったかも忘れましたが。

脱皮して脱いだ前の古い葉が下にまだついてます。

でも下の写真だと、割れた中にぴろっとなにか出てるのが見えます。しかもふたつあるから、これが次の新芽なんでしょうか?

一年がかりで脱皮するなんて、私にはとても待てない。。。

飛び出て植わっていますが、仮植えということで許してください。良い鉢は4/5に届く予定です。

Dscn0533_2 Dscn0534

<子持蓮華>

届いたときのカラッカラでほとんど枯れた状態を見たときは、ネットショッピングでやられたか!と思いましたが、調べてみたところ違うようです。

主婦、疑ってごめんなさい。

冬の間は休眠状態で、ぎゅっとロゼット状に縮こまって枯れたようになり越冬するらしいです。

今ちょうど、休眠からさめ始めたとこみたいで、上の方は青々してきています。

葉っぱが開いて、休眠中とは、違う姿になるそうです。楽しみですねぇ。

真ん中の親株から、ランナーが出てちびっこたちと手つないでるみたいでかわいい。ランナーはへその緒みたいな役割で、ちびっこに根がはえたら、切り離していいそうです。

子持ちレンゲは増えたらください。

« 届 | トップページ | 姫、天使、しずかとビール »

ベンケイソウなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162052/28874773

この記事へのトラックバック一覧です: 帝玉と子持ち蓮華:

« 届 | トップページ | 姫、天使、しずかとビール »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ