« ハオルチア週間~オブツーサ交配編~ | トップページ | 盛り盛りピンク丼 »

2009.07.14

ハオルチア週間~残り①編~

ハオルチア特集も、やっと終盤にさしかかってきました。

残りといっても、たいしたお気に入りじゃないわけではありません。

これといった種類分けができなかったのです。

<H. leightonii N-1型 「スーパー・レッド フォーム」 Kayser's Beach>

このレイトニーは、見本写真のものすごく綺麗な赤色に一目惚れして買った物です。

まっかっかにするには、強光下で、水辛めに育てなければいけないのですが、う~ん、むずかしい。

うちに届いた頃は、上の写真(真ん中)のように真緑だったので、今は、焼いてる途中なのですが、赤と言うよりも、ただ焦げて茶色になったという風にしか見えないのです。これ以上焼いて、鮮やかな赤になるとは到底思えない。。

真っ赤にして、ここにupできるといいなぁ。

Dscn0745
Dscn0825

<姫玉虫>

コロリンとしていて、めんこい種類です。

他のハオに比べ葉っぱがとても柔らかい。不安になるほど。

これも、外葉がピンク色に染まっている写真をよくみるので、楽しみです。

じゃんじゃん仔を吹くらしく、この苗も3つほど湧き出ています。

Dscn0736 Dscn0837

Haworthia cooperi v. picturata
JDV90/76 Andrieskraal

クーペリー変種ピクツラータ

これは、奈良の多肉屋で前述のレティキュラータを買ったら、おまけでつけてくれたハオです。

タダです、タダ。ラッキー。

しかし・・・

・いまいち、透明窓面積がせまい。

・なので、ぱっと見、くすんでいて綺麗じゃない。

・葉っぱが薄っぺらくてしなしなな感じ。

正直、地味です。

あ、いいとこ一つも書いていないな。

でもちゃんと大切に育てますぞ。Dscn0869_2

« ハオルチア週間~オブツーサ交配編~ | トップページ | 盛り盛りピンク丼 »

ハオルチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162052/30535378

この記事へのトラックバック一覧です: ハオルチア週間~残り①編~:

« ハオルチア週間~オブツーサ交配編~ | トップページ | 盛り盛りピンク丼 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ