« 渦巻き まーきまき | トップページ | 冬の弊害とシャコバサボテン »

2009.11.09

塔の正体

以前、名前の分からなかった塔型の多肉の名前が判明、そしてその後。

ベンケイソウ科 オロスタキス属

Orostachys japonica 爪蓮華

学名の通り、日本~中国に自生しているらしい

そして、あの白い花のようなのは、やはり蕾で、今半分くらいまで咲いています。

頂上部まで、ぎっしり蕾で埋まっています。

Dscn1580

Dscn1582 最近だいぶ寒くなったので、なかなか満開にならない。

そして、この多肉、花が咲いた後は枯死するらしい。

でもちゃんと、横に子を残している模様。

でもこの子株、もともと買って来たときからあったのか、あとから増えたのかはわからない。

なんせ、ほとんど観察していなかったから。

Dscn1581

ベンケイソウ
 属 名  オロスタキス

« 渦巻き まーきまき | トップページ | 冬の弊害とシャコバサボテン »

ベンケイソウなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162052/32153130

この記事へのトラックバック一覧です: 塔の正体:

« 渦巻き まーきまき | トップページ | 冬の弊害とシャコバサボテン »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ