« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.22

蕾が好き

この間、載せた蕾たちが咲き始めました。

最初は、ラウリンゼ

ピンクの花の中は真っ黄色。

蕾のふんわりしたピンク色が美しい。 蕾の方が好みです。

Imgp1437

白牡丹は、外側オレンジ色の中が黄色の花

Imgp1465

も少し寄って。

Imgp1464

もっと寄って。。。ややピンぼけ。

Imgp1468

好き放題に伸びている秋麗。みんな花芽持ってる。

すべての方向に伸びるのはやめてー。

場所とりすぎ。

写真にもなかなか全体入らないし。 Imgp1483

こちらは同じ黄色でも、小さめのお花です。

Imgp1478

2010.03.21

ちっちゃいものたち

今日はものすごい強風 

せっかくの休みに、朝9時からの教習のために、自動車学校に向かったものの、途中駅で列車は止まり、あえなく列車の中からキャンセル。

復旧後はそのまま、反対方向の列車に乗り帰宅。 ふぅ。 無意味に疲れた。

なので、写真をゆっくり撮れました。

以前の記事。ちちゃーい鉢に植えた小さな姫やら美人やら。

http://joao-voz-e-violao.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-5772.html

あんなに小さかったのに、姿も色もとってもビューティフーに変貌しました。

まずは、星美人ブロンズ姫

特に星美人はまんまるで、個人的にはブルボンのピーパリっていうお菓子に入ってるカシューナッツにしか見えません

ちなみにうちでは、カシューナッツは取り合いになります。

Imgp1447

Imgp1461

そしてそして、私が救いの手をさしのべたプロリフェラ(リトルビューティー?)

リトルビューティって売ってたけど、たぶんプロリフェラな気がする。

瀕死の状態で売られてたのを分解して、植え付けたやつ。

7鉢とも元気で、たいした綺麗ですわ。

Imgp1456

キレイなロゼット型

Imgp1457

Imgp1459

ランナーもたくさん出してる。

Imgp1460

明日は、ラウリンゼ・白牡丹・秋麗の花が咲き始めたので、それをupしようと思いまする。 

 

2010.03.18

野生の王国

先日、うちに鹿が出ました しかも二頭。

いくら山は近いといえども、うちがあるのはごくごく普通の住宅街ですぜ。

うちの裏側から、庭に侵入し塀を飛び越えていったとか。

野生動物見ると、やたら興奮する性分なので、実際に見てたらもっと騒いで、いろんな人にしゃべったはず。

以前に豊平川に鹿が出たときはニュースになってたのに、手稲区じゃならないのかい!

この間は、会社の前の川でミンクを見たし、札幌とはいえ、やっぱり北海道って大自然に行かなくてもそこらに野生動物がいるってことですかねぇ?

今年は、ひそかに円山で野生シマリスを激写するのが目標。

というわけで、最近調子がよくてピカピカしてるハオを。

もう何回も載せてますが、多肉始めて、最初に買ったハオ。

大型紫模様OB-10 トルンカータ

やっぱり一番最初に買った子は特別愛着わきますねぇ。

プリっとコロっとしてて、いいんでないかい。

Imgp1393

つぎは、濃紫というより、赤茶けたアトロフスカ

途中凹んでた時期もありますが、今はプリプリしてて、かなり満足の行く状態です。

色付いて、なおかつむっちりぴっかりなってくれるのって、ハオルチア育ててる上でかなり理想の状態です。

だって、(↓間違ってたらごめんなさい)

色付く条件→十分な日光・寒さ・水切り

むっちりの条件→水分

ぴっかりの条件→やわらかい太陽光(遮光下)で育成

条件が相反する部分があるんですよね。 バランスが必要なんでしょうねぇ。

みんな、こうなってくれるといいのにー。

Imgp1400

Imgp1406

2010.03.04

春近し

ようやく春が近いなぁと思える日が多くなって来ましたねぇ。

まだまだ雪は多いですが。

陽射しも強くなっているようで、やたらハオルチアの葉が焼けています。

東京方面では、多肉の春のイベントが色々なところであるようで、うらやましい。

一度行ってみたいなぁ。 多肉イベント。 札幌で出張イベントやってくれないだろか。

では、本日の多肉。

この間記事にした白牡丹ですが、つぼみのままで、まだまだ咲きませぬ。 

でも蕾もきれいね。

Imgp1273

秋麗やラウリンゼもつぼみがついてるけど、咲きそうにない。 

咲かずに枯れるのだけは、避けたいな。

Imgp1275

Imgp1278

こちら、以前カイガラムシにとりつかれ、瀕死だったデビー。

その時私は、あぁもうダメだと思いそこら辺にぶん投げてたんだけど、母が水にさして復活を試みたところ、成功。 カイガラムシも死滅。

きれいに紅葉したですよ。 

母曰く、『死にかけたお花って綺麗になってくれるんだよねー』ですって。

デビ夫人ごめんよ、見捨てようとして。

一年育ててみて思ったのですが、北海道の冬は極寒過ぎて外に出せないし、かと言って室内では暖かすぎて陽もあたらず徒長するし、多肉の紅葉を楽しむにはちと難しい。

秋や春の方が、陽も当たり適度に寒くて、綺麗な発色が期待できそうな気がします。

って、前にも書いたかな??

Imgp1279

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ