« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.06

焼けハオ

<ハオルチア 白帝城>

以前、根っこの周りにカビルンルンが発生したのですが、植え替えするも何事もなかったかのように美しさを保っております。

Imgp1743_2好きだわーこれ。

いい色に焼けたわー。

透明窓のつぶつぶが好きだわー。

Imgp1728_2 <紫BO-1×ベヌスタ NA紫露絵巻>

これって、紫“OB”の間違えじゃないのかなぁ??

まだおちびちゃんですが、日光最前線の場所に置いておいたら、外側コンガリ、中側青ビカリのなかなか綺麗な子になってきやした。

期待の星。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

先日の円山のリスですが、近くに寄ってきてくれれば、コンデジでも十分十分いい写真が撮れます。

つーかコンデジの方が綺麗じゃん!

これは去年の6月に円山で撮った写真。

自分が撮ったリス写真の中で、一番好きです。

一眼でお気に入りのワンショット撮りたいわぁ。

Dscn0705

2010.04.04

オブツーサN1×ベヌスタ(大型)

今日はハオルチアです

最近、湿度も気温も上がってハオ達はふっくらみずみずしくなってきましたよ。

<オブツーサN1×ベヌスタ(大型)>

Imgp1703_2

新しく出てきている葉が、透き通ってて光っています。

まるで中に光源でもあるみたい。素敵なハオランプ。

Imgp1704_2


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

庭の福寿草が咲いています。今年はマクロレンズでぐぐっと寄ってみましょう。Imgp1643_2

マクロレンズの構図といえば、しべにとまっている蜂よねー♪

といきたかったのですが、、、

今日とまっていた虫は、ハエ?アブ? 

ただただ気持ち悪いだけの写真。

Imgp1671_2

あー強いて言うなら羽の虹色がキレイに写ってるわー。

でも全くかわいくない。

ハイ、二匹

ミツバチがハエに変わっただけでこんなにも気分が悪いとは。。。

Imgp1674

ハエにたかられる福寿草。。うーん台無し。

2010.04.03

円山のリス

今日の札幌は暖か~いとまでいかなくとも、まぁまぁのお散歩日和。

カメラ片手に円山公園のシマリスに会いに行ってきました。

本州では桜が咲いているというのに、下を向けばまだまだ雪はたっぷり、上を向いても緑もまだ芽吹かない寒々しい空。Imgp1541_3

でも、シマリスたちはきっともう冬眠から目覚めているはず!

いつもの出会い率100%の大木に行ってみると、さっそくいたいた! Imgp1538_2

枝の先っぽにちょこんと座って何か食べてます。

近づくとさっさと木のてっぺんの方まで逃げていってしまいました。

Imgp1543

なので、別の木に移動して、待つこと数分。別のリスがちょろちょろと降りてきましたよ。Imgp1547

木の周りには、誰かがまいたひまわりの種がいっぱい。

Imgp1559

リスだけでなく小鳥もひまわの種が好きみたい。

同じ木のくぼみにヤマガラ登場。

Imgp1567 背中の模様が美しい、見返り美人。

Imgp1586 最後は、私の頭上で悠々と毛づくろい。

ここなら、近づけないでしょ?といわんばかり。

ええ、近づけませんとも。体はもちろん、この90mmのレンズでは全然近づけない!

望遠レンズ欲しい。。。

今日初めて一眼レフで野生動物を撮ってみたけど、ピント合わせも、近づくのも容易じゃないことがわかった。

でも、寒さを忘れるくらいものすごく楽しいこともわかった。

今年は、十勝の方にでもエゾナキウサギを撮りに行きたいなと思ってるので、また今度円山のリスで練習です。

ま、うちのチーコでもいいんですが、色々とめんどいので、実践もかねて円山のシマリス君よろしく。

○●○●○●○●○●○●○●○●

最後にオマケ。

柵の向こうから感じる視線。。ちみは誰?

Imgp1612

Imgp1614

円山動物園のモモイロペリカン

昔、テレビでよく幼稚園児にベタ慣れのモモイロペリカンを見たけど、ここのペリカンは慣れていない??

三羽中三羽とも完全に飼育員さんを警戒。

池の対岸の飼育員さんが、左に動けば、右に移動。右に動けば左に移動。

常に180度の距離を保ってて、おもろかったぞ。

2010.04.01

ジュエリーカット

葉っぱがまるで宝石をカットしたような多面体の種類 二種類

不思議とその面に年輪のような模様が入ります

でもその表面は粉なのでさわっちゃダメです。

<パキフィツム・グラウクム>

夏は真緑でしたが、しっかり色付いてくれました。

花茎もドピンク

Imgp1471

Imgp1472

最初買った直後、あ、これももしやグラウクムだったのか??と思ったけど、色が全く違うこちらさん。

おそらく、<パキフィツム・ロンギフォリウム>

こちらの方が、グラウクムより小さめ。 

パキフィツムのくせに、意外と早く水を欲しがる。

やはり素焼き鉢は乾き過ぎるかなぁと、今年はプラ鉢でいくか素焼きでいくか迷い中。

Imgp1470

Imgp1469

いくらなんだってピンクや赤系の紅葉ばかりじゃ飽き飽き。

多肉棚の中でピンク系を際立たせている黄色と緑の紅葉。

左:<セダム 銘月>  右:<セダム 春萌>Imgp1476

発色が鮮やかなので、棚の中をぱっと明るくしてくれるお二人

こちらセダムは表面に粉がないぶん、ものすごくスベツル肌っす

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ