« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.31

昔から庭にある多肉

Imgp2241 

今日のお題の花は、特に私には目新しいわけではなく、毎年必ず庭で咲いてるなぁと思っていたのだけど、最近実は一年草で、毎年母がホムセンで買っては植えているということが判明した花。

相当好きなんだべなぁ。

<リビングストンデイジー>

ハマミズナ科 ドロテアンツス属 Dorotheanthus bellidiformis

南アフリカ原産。

実はこれ、コノフィツムやリトープスと同じメセンの仲間。

鮮やかな原色の色の花。 ピンク、黄色、白、オレンジなどなど。

陽が昇ると花開き、沈むとしぼみます。

Imgp2576

これ、楽しみはお花だけじゃなくて、葉や茎にも興味深いことが。

よーく近寄ってみると、水晶の結晶のような透明の細胞が、ピンクの茎にキラキラとびっしり。

Imgp2442

このキラキラした細胞は塩囊細胞といって、余分な塩類を隔離する細胞だそうです。Imgp2437

と聞くと、最近はやりの野菜、塩味のするアイスプラントと似てるなと思ったら、やはり同じたぐいでした。

アイスプラントは、耐塩性が高いのを利用して、塩水で育てることりより、塩囊細胞に塩を隔離させるために、食べるとしょっぱいというわけです。

はい、勉強になりますねぇ。

ちなみにアイスプラントは、

ハマミズナ科 メセンブリアンテマ属 Mesembryanthemum crystallinum

中には、どぎつい色の花もあります。

Imgp2431

と、これで終了にしようかと思いましたが、我が家に新入りのチビハム二匹。

♂ 命名:キスケ(おじゃるまるの黄色い子オニよりパクル)

(もう一匹の♀:キナコは極度のビビリのため、写真なし。)

Imgp2793  

2010.05.10

鶏肉

~庭のなんだろなシリーズ第3夜~

庭の鉢の半分埋まってる名札に ザンギ  と 書いてある。

え?ザンギ? からあげかっっ?(北海道弁でザンギとは鳥の唐揚げのことをさします)

母、絶対狙ったにちがいない。

最後まで引っこ抜くとザンギナリアと書いてありました。

ということで、今日は ザンギナリア という花について。

さ、いつものようにググってみよう。

ん? ん? ん?

サンギナリアじゃにーか! 濁らないのかよーーーう!

もう遅い、わたしゃこの花はザンギと脳に刻み込みました。

<八重咲き サンギナリア>

ケシ科 サンギナリア属

学名:Sanguinaria canadensis

(↑うんうん、こりゃ普通サンギだよね。 ま、学名の読み方なんて好みですからー)

別名 カナダゲシ

八重咲きタイプは地下茎がはしって、増えるらしい。 ちなみに一重咲きのは種で増える。

美しい純白の花びらとは対照的に、茎を切ると赤い血のような液がでるらしい。

しかも毒。 なんとまぁ。 試してみよかな。

最初はくるりと丸まった葉の中に白い蕾がおさまってる。

なんだか背中に赤子を背負った婦人と子供に見える。

Imgp2229

あ、お母さんパーマあてました? 的な

Imgp2234

純白の八重咲き素敵ね。

八重咲きの花は結構好みです。

桜も八重が結構好き。Imgp2348 Imgp2349

では、本日の本物のお肉。

<ハオルチア 紫肌特ダルマ NG-2オブツーサ>

うーむ、みずみずすぇー。

ぷっちりんこ。

NISHIさんとこのです。

割ったら中からちゅるっと何か出そうな雰囲気。

いいねぇーこれ。 このまま順調に葉数増やしておくれ。

Imgp2282

2010.05.09

桜という名の

昨日は、さぁ撮るゾと思い、カメラ持って会社にいったもののあいにく雨。

小雨だったので、ビニール袋をカメラにかぶせながら外に出たものの、

寒いは、暗くて手ブレるはで、気力も失せ10分もせず終了。

雨に濡れた桜も味があっていいのですが、この天気じゃ気合い入れないと撮れませんわ。

Imgp2297

ということで、今日は桜つながりで、庭の花なんだろなシリーズとお肉。

では庭花なんだろな。

<玉咲きサクラソウ>

サクラソウ科 サクラソウ属

学名:Primula denticulata

ヒマラヤや中国が原産地です。

学名のとおり、よく園芸コーナーにあるプリムラの仲間です。 

店に売ってるのは、プリムラ・ポリアンサ(西洋サクラソウ)といって、赤・黄・紫色などのビビットな色のお花です。

西洋で改良された園芸品種だそうです。

Imgp2311

小さい花が球状に集まって、ぽんぽんみたいです。

昔、折り紙で作ったくす玉を思い出します。

Imgp2339

では、今日の肉

<ハオルチア 桜心(さくらこ)>

交配種です。 親は不明。

名前が素敵ですが、ミーハーな気も・・・

葉先が赤くなるはずだけど、チビ苗すぎてまだ特徴が出てきてません。

窓にはつぶつぶ模様入ってます。

う~ん、鮮やかな花の後に、このハオルチア、地味すぎてただの草にしか見えん!

今後に期待。

Imgp2336

2010.05.07

竜田草と毛羽トルンカータ

こんばんは

私の会社前の川沿いは桜並木になっていますが、その中でちょうど会社の真ん前に生えてる一本は、いつも他の木より早く開花します。

種類が違うのかな?あまりよく知らない。

その一本が今日一日ですっかり咲いたようなので、明日は昼休みにでも撮ってみよっとー。

うちの庭も、花が咲きはじめていますが、ふとせっかくこんなに色んな花が咲いてるのに、名前を知らないのが多すぎる!と思ったので、覚え書き程度書いてみようかと思います。

ほら、花の名前って知らなくても困らないけど、知っている方が、なんとなく素敵じゃないですかshine

では、昨日に引き続きうす紫色。 どっちかというとブルーよりの紫です。

<竜田草>

メギ科 タツタソウ属  学名: Jeffersonia dubia

メギ科なんて初めて聞きましたわ。

調べてみると、他にはナンテンがそうだそうです。ナンテンと全然似ても似つかぬね。

Imgp2240

アップ。

ムム、おしい、しべにピントが合ってない。Imgp2213

はい、では今晩のお肉。

<毛羽トルンカータ>

トルンカータ×ベネスタ

最近オブとベヌスタの交配種にはまっています。

まず、ハズレがないような気がします。

札には、巨大レンズに赤線特美と。

焼いたら赤くなるんだね、でもせっかくの透明窓が曇るんだろな・・・。

文句なしの透明ブルー窓です。好きです。ヌヒャー。

Imgp2263

 Imgp2274

2010.05.06

銀天女

札幌もようやく桜がちらほら咲いてきましたねー。

でも今日から数日雨が続くようで、また足踏みかしらん。

今日の多肉。 おもろい花が咲きました。

<Graptopetalum rusbyi>   

グラプトペタルム属 銀天女

うすむらさき色の小型種。体に似合わない大きな蕾と毒々しい花。 おもしろい。

Imgp1977

Imgp1978_2 ガクの部分がつるつる、ラメラメ。 Imgp1980

ガガイモ類の花みたいに毒々しい模様。

ニオイははて?かぐの忘れました。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ