« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010.10.25

カミンギー

今日は久しぶりっこハオルチア

ハオルチア・カミンギー

H.cummingii DMC11214, Committees Drift

Imgp6526

上から下までどこまでも透明。って普通の表現ですがねー。

ブログ書いてると、自分のボキャブラリーのなさにうんざりする。

ハオの写真が綺麗に撮れても、透明とかプリプリとかツヤツヤとかばっかり。

ハオは透明プリツヤのにしかほとんど興味ないんで、いいっちゃあいいんですが。なんだかね。もう、写真と名前と何か一言的なブログでいいんじゃないかと。

上から見ても、条理が幾何学模様に見えて好きだ。

Imgp6618_2

はい、今テレビのおねーさん、たしかに『北海道では初雪が吹雪きになりそうです』って言いましたね。

はいはい、入れましたよ。多肉は室内に。

でもまだ昼間は外に出すけどね。当分、朝と夜の多肉トレイの移動きついっす。

でも徒長が何よりも嫌いなんで、頑張らねば。

徒長禁止!徒長反対!徒長撲滅!ハイ、ムリ~。

花・花・花!

先日、コノの花が咲かない~ やっと一個だけ咲いた~と騒いでおりましたが、他の種類にも続々と花芽があがってきました。

はい、拍手~パチパチ。

で、何に狂喜乱舞したかって、初めて買ったコノフィツム・紫花祝典が咲いたこと!

多肉始めて一番嬉しかったと言っても過言ではないくらい。

買ってきて12月で2年になりますが、去年はひとつも咲いてくれなかったので、二年かけて東京から札幌の環境にやっと慣れてくれたということになります。

ううう、都会っ子だったのかねぇ。田舎に連れてきてすまないねぇ。

10頭あるうちほとんどに花芽がついてます。紫と言うよりは濃いピンクですかね。

でも昼咲きなので、次の土曜まで花が咲いてるのは見れないなぁ。満開の姿みたいなぁ。

Imgp6692

他にも花芽があがってるのが4種類くらいいます。毎日家に帰ってきてコノフィツムトレイを見ると、なにかしらのコノに花芽がついてるのを発見して嬉しくて楽しくてしゃーない。

無事にコノが花芽をつけてくれたので、少し自信になりました。ふふふ。へへへ。

下のオレンジ花は、先日北広島の植木村で買ったコノフィツム。名無し。

蕾がついてるのを買ってきたので私の成果ではありませ~ん。

黄色からオレンジのグラデーションが素敵なコノです。

Imgp6687火曜から、札幌、暴風雪の予報なんですが、いつもまず先に降る手稲ヤマとか白くないんですけど、山も平地も同時開催ですか??

てか、やっぱり雪虫でると約二週間で雪が降る説はあったってるなぁ。すごいな、雪虫。

しばらくコノの花祭りが続きます。おつきあいくださいませ。

2010.10.18

紅葉エケ

タイトルになんのひねりもありませんが。

最近、多肉の好みがはっきりしてきて、もうハオとメセンメインの二本立てで行きたいなぁとかひそかに思っていましたが、エケ・セダムの紅葉なんか見ちゃうと揺らぐね。

ま、といっても結構な数になったエケ・セダムを見捨てるわけにもいかんので、もう少しコンパクトになっていただかないと。だってそうじゃないと、ハオとメセン置くとこなくなるしょや-。(増やさなきゃいいんだけどさ。。。)

もうこの季節、霜なんかがコワイので夜は温室のビニール閉めております。だからまだあんまり紅葉はしていない。

で、毎年のことだけど紅葉しきらないうちに屋内に入れることになってあえなく緑化。

だから北海道の多肉紅葉は春が美しい。凍る心配ないからね!

やっぱりさ北海道は秋が短すぎるんだよ。成長も紅葉もってできないよー。えーんえーん。(はい、ウソ泣き)

エケベリア・デレッセアーナ

Imgp6569_2

ほんのりピンクで綺麗。かなりお上品。おほほほ。

で、この何が好きって葉の先端の形。これさ、かっこ記号のコレ→{ の形じゃん!

しかもこのかっこ記号書くの結構好きなんだよね。

あっぷ。

Imgp6565_2

春にもアップしたエケベリア・花うらら

Imgp6590

この種類は、葉っぱの縁しか染まらんのねー。

もし、この赤で葉っぱ全部染まったらそれはそれですごいかも。

あっぷ。

Imgp6592

エケベリア・ラウリンゼ

Imgp6574

お粉系です。根津マリ&水辛めが功を奏していい具合にぎゅうぎゅうになりました。

もちっとしてる風に見える。なんかおいしそうに見える。

もっとピンクになるか!?

あっぷ。

Imgp6584

へい、最後に多肉の王道。セダム・オーロラの画面いっぱいのピンク!

Imgp6593

2010.10.17

ベランダで一つだけの花

咲いたよ!コノフィツムの花。

咲かぬなら、コロしてしまえなんて脅したからかしらん??

しかぁーーし、たった一つ。たったの。

ConophytumOpera Rose” コノフィツム・オペラローズ

Imgp6496_2

しかも、一つの鉢に10頭いる中でも一つだけ。

この10頭の中で一つだけっていうのが、生育環境になにかしらの問題アリってことの証明になりました。

この一つは、運良くたまたま咲いたのだね。

やっぱり冬がネックだよね。屋内じゃ日光がやっぱり足りないよなー。

この前どこかで花芽形成は冬の日射量で決まる的なこと読んだような読んでないような。

雪の重みにも耐えられる本格的なガラス温室欲しいっす。夢また夢。

でも、全くのゼロじゃなくてよかった。コノのお花はやっぱりかわいいな。

私に気を遣って咲いてくれた君は特別イイコだねぇ。花びらの艶、嘘くさい感じだけどウソじゃないんだな。

Imgp6485

ブルゲリ三兄弟は今日も元気です。わははー。(はしゃぎすぎ)

Imgp6494

で、昨日から雪虫が大量に飛んでる。なまら目に入った。

あー今年ももうすぐ白いやつらが空から来るよ。

あ、雪虫じゃないけど、庭のバラの葉にハエ(アブラムシだとムシ博士からご指摘を。。)をとらえたハエトリグモがいました。

体サイズ数mm。こいつぁー目がかわいいよ。

マクロレンズおもろー、体毛までうつってるぜ。

Imgp6265

2010.10.15

ブルゲリ三兄弟

実はうちにもいるんす、ブルゲリ。

大きくならんし、いつ死ぬかもわからんくてブログには載せれなかった。

ブルゲリは上級者になるまで手を出さない!危険すぎる!と思ってました。

難物指定だし(私の勝手な指定です)、お値段も高いし、こんなの溶けたらショックすぎるでしょ。ところが、あるところで3頭ウン百円で見つけてしまったのです。これなら保険が2匹もいるし、ま、全部溶けても値段的にもあきらめつくじゃ~ん。へへへ。

んで、4月に簡単に手を出しました。

で、来たのがこの極小豆粒抜き苗。キッチンペーパーに包まれて緩衝材と一緒になっててあやうく捨てるとこだったわannoy

Imgp1883

あまりの小ささに、白目。あー絶対こいつら短い命だ。すまぬ。。私には面倒見切れない、無理っす!

テンションだだ下がりのまま、おそるおそる植えつけ。

水やりは根が乾いてしまわない程度に、おそるおそる表土だけ霧吹き。

Imgp1889

んでもって、なんか知らんけど夏越したわ。

全然大きくなってないけど。

でも、真ん中のが一番でかかったはずなのに、はじっこのやつの方がよく育ったみたい。

Imgp6412

で、真ん中のがなかなかふくれないし、脱皮の皮も全然取れないから、思い切って昨日水を鉢全体にあげてみた。

もちろん腐るの覚悟で。

そしたらば、じゃじゃじゃじゃじゃじゃーん。出てきました。薄皮もとれてつるつる卵肌。

とれてっていうか、私が爪楊枝で無理くりとったけど。

Imgp6453

何よコレー!!これがブルゲリ様の真のお姿ですか!すげいよー、ブルゲリー。

もうこれは、緑の宝石でしょ。いや、ゼリーでしょ。いや、宝石でしょ。

思わず、家族に見せてあるったわ。指で押されたから、一粒三千円だって脅してやった。

これだから、変多肉はやめられない。あー楽しい~。

Imgp6448

私も、寒さで真っピンクのブルゲリやってみたい。

2010.10.11

咲かぬなら

咲かぬなら殺してしまえコノフィツム

咲かぬなら咲かせてみようコノフィツム

咲かぬなら咲くまで待とうコノフィツム

Imgp6370

はい、もう北国の冬も間近というのに、一つも咲かぬのです。リトもコノも。

この夏、勝手に溶けたコノは一株いましたが、好きで殺したりはしませぬ。

咲かせてみようと、休眠明けから、液肥もあげているのに。

もう、咲くまで待つしか手はなーい。

今年は夏が長かったからその分遅いんだ!って自分に言い聞かせてるけど、一つも咲かなかったらさすがにへこむ。

だってだって、メセンにとってうちがいい環境じゃないってことでしょ。。。

日光が一番当たる棚に置いてるのによー。

おかげで、エケやセダムは犠牲なのよ。徒長してるわ。

ひとつでいいから、咲けぇぇぇぇぇぇーーー。

綺麗なコノを愛でで現実逃避。

Conophytum ratum

Imgp6409

なんだよ、このぼてっとしたお腹。たまらん。

こいつは、花咲かなくてもこれでいいな。

最後に秋な一枚。

Imgp6425

2010.10.06

ボルシーとオブとウサギと

あら、結構ブログ書かずにあいてた。

ボルシーはタイプ違いで二ついます。全然違う二人。では、札のまんま。

こちらは、特美ブルー窓 ボルシー 2.5号鉢いっぱい

Imgp6090_4

薄っぺらい葉っぱで、外側は上半分ぐらいが枯れ込んでいます。毛はとっても柔らかくて細い。もさらもさら。

セミビバに似てるって思うんですが、セミビバとボルシーって紙一重的なやつでしたっけ??どこかで読んだような。でもセミビバは持っていないのだけどね。

そしてこちらが、H.bolusii (SEEDLING/RHS070601)

こちらも2.5号鉢

Imgp6054_3

こっちは小型っぽくて、葉は肉厚。あまり枯れ込みもせず、ぷりっとめんこいのです。

触ってみると意外とかたい。このあと大型になるのかな?

どっちも好きだわ~。

で、今日は最多出場の紫オブを一枚。きれいに撮れたので。ムフ。

3.5号鉢。まだ子を吹かない。いいぞいいぞ。ムフ。

大型紫模様OB-10 トルンカータ

Imgp6286_3

で、さらにオマケ。多肉のウサギじゃないよ~。

来年はウサギ年なので、年賀状に写真でも使ってみようかとブーちゃんを撮影。

そういえば年賀状に写真って使ったことないなぁ。いつも子供っぽいイラストでし。

来年で10歳のおばあちゃんですが、おめかししてみました。

Imgp6358 ちなみに、ぶーちゃんの本当の名はミルフィーユです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ