« ハオルチアをふっくらに~使用前~ | トップページ | クブシエ »

2010.12.07

シンビ特集③~トランシエンス~

放置してたシンビ特集を。ちなみに④で終わり。

今日はトランシエンス三種三様。

<H.transiens CL2 RIBO165 Prince Alfred's Pass. S of Uniondale>

最初に手にしたトランシエンス。でも、理想の透明肌とは程遠かった。でも嫌いじゃない。

どうにかして綺麗に仕立ててやりたいけど、こんなにボコボコじゃ、ちとやる気が。。。来春の植え替えまでやる気充電。

葉はそんなに厚くなくて、幅広のやわらかふにゃふにゃタイプ。

もう少し葉をぷっくりさせたいとこ。 この先、化けることはあるのかしら?

Imgp7839

はい、次。

<H.transiens MH04-220, Plein Plaasie Rivier>

Imgp7840

最初のよりかなり雰囲気があるトランシエンス。

こちらは葉が細長くて、先端がとがっている硬いタイプ。

葉厚は、肉厚というかは立体的。色は、スモーキーな薄白肌。

葉がほどよく硬くてぷにぷにして気持ちかったんで、触っていたら本当にひとつ潰してしまいました。 ぷちぷち触っときゃよかったぜ。

最後、<H.transiens PVB7077 Oshoek.Joubertina>

Imgp7396

これ、トランシエンスで落札しましたが、ついてきたラベルはシンビフォルミスになってた。ま、細かいところはどっちでもいいのです。全く気にしません。

これは、3つの中で一番の透明肌です。

葉先が丸っこくて、窓の網目模様もくっきりしてて綺麗。

もう少し、ぎゅっと締めてやった方が綺麗かも。

こうやってみると、3つ個性がホント、バラバラ。

ハオルチアが産地で全然顔が違うっていうのも、名札にわざわざ産地まで書いてあるっていうのも納得いきますね。

産地別で集めたくなる気持ちもわかる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

来年のウサギ年で10歳を迎えるぶーちゃん。

このあいだ、一週間ほど飲まず食わず出さず。 

歳も歳なので、最悪の事態が頭をよぎりました。

おまけにハムスターが息を引き取る時と同じニオイがしてて、覚悟しました。

ハムスターは今まで何十匹と看取ってきたので、別れの時が近いときはニオイでわかるんです。

死臭という言葉は使いたくないのですが、息を引き取る直前のニオイっていうものがあるんです。

母もニオイに気づいていたけど、私がいやがると思って口にしなかったらしい。

でもね、めでたく復活。

もりもり食べて、もりもりウ○コもして、元気。

食べ始めたときも死ぬ前の中直りかと思いました。中直りもハムスターに必ずといっていいほどあって、なかった食欲が一度復活して食べるんです。そしてその後すぐに旅立ってしまうのです。

中直りじゃなくてよかった。 食べ続けてる。

原因がわからないので、こわいことには変わらないけど。 

ぶーちゃん、まだまだ長生きしますように。

Imgp6346

« ハオルチアをふっくらに~使用前~ | トップページ | クブシエ »

ハオルチア」カテゴリの記事

ブーコとチーコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162052/37983878

この記事へのトラックバック一覧です: シンビ特集③~トランシエンス~:

« ハオルチアをふっくらに~使用前~ | トップページ | クブシエ »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ