« ハオルチア・レティキュラータ変種ヘイリンギー | トップページ | ラツム »

2011.02.01

生鮮肉、解体ショー

シクシク

シクシクシクシクシク

シクシクシクシクシクシクシクシクシクシクシクシクシクシクシク

ぼく、マウガニー。なんで引っこ抜かれたのかなー。

Imgp8971

それはね、キミが腐っているからだよ。

Imgp8972

もういいだけいじくった後の写真なんですが。

こんなに根も立派なのにね。

放置して復活を試みるべきだった?

でもブヨブヨだったんですよね。

腐ってブヨブヨのは復活した試しないのよね。

なんかほじったら、芽みたいのあったんで、とりあえずスライスしてみました。

Imgp8973_2

みずみずしいねぇ。ブドウの実っこくらいみずみずしいね。おいしければいいのに。

真ん中のコレなんでしょうか。

新芽には見えないのですよね。去年の花芽の後ですかね。

あーものすごいストレス。(私の)

これだから、メセン類の単頭飼いはコワイよ。一発オダブツですから。

透明の部分には、小さなビースのような粒状の細胞があります。

Imgp8975

この細胞は、窓内で光を拡散して効率よく光合成するためだって、白頭翁さんのHP群仙園訪問記で某カリスマ先生が言ってました。マウガニーにもちゃんとあったね。身をもって体験したね。

はーあ、ショック。。。悔しい。

冬場の玄関フードは通気が悪いのでやはり気をつけねばいかんなぁ。

去年同じようにリトとサヨナラしたし。

大事だなぁ風通し。

Imgp8978_2

黄色にしておいてなんなんですが、抜けた魂と捉えるか、オ○ラと捉えるかは、自由だ  (古)

○●○追記○●○

しつこく解体を続けた結果、新芽らしき小さな小さなお尻を発見。さっきのはたぶん花芽の痕ですね。

最初から、もうだいぶ成長した新芽があるだろうと思って解体したのですが、意外とまだ小さかった。

他のコノ達は春に向けて結構お腹がパンパンなんですがね。

Imgp8986

« ハオルチア・レティキュラータ変種ヘイリンギー | トップページ | ラツム »

コノフィツム・リトープス」カテゴリの記事

コメント

へーっ。中もチュルリンとしてるんだね。

透明つぶつぶの中にはホントに透明つぶつぶが入ってるんだ。

へ〜へ〜へ〜〜

ふさへdash

あ、こりゃひどいコメントだ。

いや、むしろ素晴らしい完璧なコメントだ。
さすが友よ。ありがとう。

つぶつぶはつまようじで潰して遊んだよ。へへへ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162052/38699912

この記事へのトラックバック一覧です: 生鮮肉、解体ショー:

« ハオルチア・レティキュラータ変種ヘイリンギー | トップページ | ラツム »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ