« モナンテス・ポリフィラ | トップページ | モスラ »

2011.03.21

忘れた頃にもう一度読んでみる。

Imgp9587

今日からブログを普段通り書き始めようと思います。

今回の地震で被災された方々が受けた悲しみ・心の痛みには、なんと声をかけていいのか言葉が全くみつかりません。どんな言葉でも無力な気がして、何も言えません。一日でも早く傷が癒え、日常を取り戻すことができますよう、お祈りいたします。

こちら札幌は計画停電もなく、普段通りの生活を行える状況です。

北海道のすぐ近くで起こったことなのに、この全く変わらない日常が逆に異様な気がします。

7年前の新潟県の中越地震の時、私は新潟市に住んでいました。大男が家をつかんで揺すってるんじゃないかというものすごい揺れで、本当に怖かった。

一人暮らしの私を気遣って職場の先輩が余震があるかもしれない中、今日はうちに泊まりな~とお母さんと女二人ですぐに車で迎えに来てくださったことは、一生忘れません。

その時のことを色々思い出すと、今すぐにできることは募金くらいしかないけれども、これからやっていけることを考えるのも大事だと思うのです。

震災から時間が経つと、震災関連のニュースにさかれる時間もだんだん少なくなってきて、それでもなにかしら被災地である新潟では毎日のようにニュースで放送されていました。

でも半年後の4月に札幌に帰ってきたとたん、全くといっていいほど、中越地震のことについて放送されることはなく、どのくらい復興が進んでいるのか、どんな人がどんなことで苦労しているのか困っているのか、全然わからない状態になりました。

今回の震災も、原発が落ち着いたり復興が進んでくると、おそらくだんだんとニュースでさかれる時間は少なくなってきて、忘れるとまではいかなくても、人の意識はだんだん薄れていきます。でも、被災地に住んでいる人々は何年経っても、今回の被害と闘っていると思います。

そのことをほんの少しだけでも長く、心のすみっこにでもいいから留めておいて、普段の生活をしつつ、間接的にでもできることをし続けることが大事なんじゃないかと思います。

たとえば、スーパーで食べ物を買うのに被災県産のものを買うだとか、復興が進んだら遊びに行くだとか。それが被災地の経済復興に役立てばいいと思う。

新潟の職場では年末に予定していた温泉旅行を自粛しましたが、後から温泉地に閑古鳥が鳴いてかなりのダメージを受けているのを知って、むしろ行くべきだったという話にもなったということもありましたし。

長々と書いたけど、自分でも忘れないようにしたいと思います。

○●○●○●○●○●

写真は砂漠のバラことアデニウムです。

これも多肉に分類されていて、木の根本が壺?ひょうたん?のようにふくらんでいて水分を貯めています。

今リビングで満開です。

« モナンテス・ポリフィラ | トップページ | モスラ »

庭の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162052/39312925

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れた頃にもう一度読んでみる。:

« モナンテス・ポリフィラ | トップページ | モスラ »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ