« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011.05.31

ハオルチア スパンコール

<ハオルチア・スパンコール>

2年前の7月、来たばっかりの小苗の時

Dscn0828_2

いい具合にプリ玉だったんですがね、小さい時の姿のままでいてなんて、わがままでしょうか?

なんだか葉は大きくなったものの、裏窓の水玉模様だけ大きくなっておらず。むしろ小さくなってない?水玉模様じゃなくて、つぶつぶ模様じゃん。

Imgp0246

なんで??

Imgp0248

表窓はまあまあかね。

でも、水玉と水玉がぶつかってつぶれちゃって、あんまり水玉も維持されてないような。

Imgp0250

これでレティキュラータみたいに葉っぱがパンパンに太ればいいのにね。

なんかいまいち物足りないんだよね。う~ん、悩ましい。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今時期は、多肉より庭の花を撮る方が楽しい。

名前のわからない最近のお気に入り。

花びら4枚のシンプルな小花。

Imgp0433

小花群生系には、めっぽう弱い。

Imgp0379

色んなアングルから。

Imgp0239_2

水滴に何か映り込んだ写真てなかなかうまく撮れない。

Imgp0386

2011.05.30

輝く宝石箱と眠る宝石箱

うちのリトプコレクションの中から模様のきれいなものを集めてみました。

結果、某リト書籍の表紙のデザインを若干パクリ気味になってしまった感が否めません(^-^;

脱皮もおおかた終わった直後で、サイズもまだ小さいですが、夏の断水期までには少し育って欲しいなぁ。

Photo_2

リトープス最高~。その生態と形態は奇妙でいて、かつ美しいときたもんだ。

ワンダホービューティホーですよ。

どれをとっても世界で同じ模様のものはないってのは、植物美の醍醐味だと思うのです。

こうやって並べてみると、今度は何色が欲しいだの、何模様が欲しいだのと自分でリト欲をかき立ててしまい、抑えるのが大変ですな。

もう一方の宝石たちコノフィツムですが、休眠に入り始めています。

毎年のことなのにこのまま枯れるんでないかとドキドキします。

名札が墓標にならないことを願って、おやすみなさいコノフィツム。

Photo_4 

2011.05.23

竜田草

去年も載せた竜田草

蕊はお菓子のよう

Imgp0057

2011.05.19

サンギナリア

純白のサンギナリア

Imgp0036

いまだ ザンギナリアと言い張る母。

唐揚げかっ。

Imgp0052

どこにでもある花

庭の花が咲き始めて、そちらにばかり気をとられてしまって、最近多肉を撮っていません。

今日の花は、どこにでも咲いているお花。

まずはひな菊こと<デイジー>

花言葉は、純潔・無邪気・お人好し・無意識・幸福・明朗

花言葉:無意識ってなんだよ。

公園の芝生にも咲いていて、ほとんど雑草といって言いほどのこのお花がとっても好きです。

HCに売ってる大きいポンポンみたいなのじゃなくて、野原に咲いてる地味タイプが特に好き。

子どもの頃花びらをむしって、ままごとでふりかけにしてみたりとか。

Imgp0048

上と下は同じ花を2日違いで撮ったのですが、咲きかけと、開ききったのだと、花びらの色が全然違いますねぇ。おもしろい。

Imgp0071

二つ目は、<ムスカリ>

花言葉は、寛大なる愛、明るい未来、通じ合う心、失望、失意。

いいんだか悪いんだかな花言葉。

あ、ムスリカ!って言い間違って恥をかいたことがあります。

壺みたいなベルみたいな小さな花が集まってできていてすごくかわいい!

先の部分が白いのは反則だと思う。

Imgp0089_2 

鮮やかな青もいいけど、薄い水色のタイプもあります。

ベビー用品のような(←なんだそれ)色合いでかわいいね。

Imgp0088

しばらく庭の花写真が続く予定です。 

2011.05.17

桜2011

先週撮った桜をupしとかないと時期を逃すので、今日は桜メインでいきます。

が、2回連続多肉なしもなんなんで、少しだけ。

<ハオルチア テネラ×毛蟹>

キララと同じ交配だとは知らずに、同時に買ってしまってあーあってなったのは2009年冬

焼いてみた。 いや、焼けた。 結構いい感じになったでねか。

Imgp0129

キララのように葉が密に生えるタイプではないけど、裏窓が引き立つんで、焼いて正解。

ちなみにキララは今、ぼこぼこ子を吹いてドーム状になっています。

Imgp0131

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

さて、サクラ。

Imgp0018

会社の前の川沿いには桜並木が続いています。

晴れれば日光を遮るものはないんで、ピカピカの写真が撮れます。

しかし遮るものがないために風がやや強いんでピント合わせがちょっと大変。

Imgp0027

山桜は葉が多いけど、こちらの木は花が鈴生りでどっさりついてて遠くからでも近くからでも綺麗。

Imgp0025

この間の円山の桜よりは白いタイプかと。

でも花の中心は意外に鮮やかなピンク。

Imgp0022_2

春だねぇ。足下を見れば、名のわからない小さなお花も咲いています。

Imgp0006_2

最後に今日の小動物。 タンポポにアリンコ。

Imgp0005

桜にもアリンコ。

Imgp0020

あえて、色味のない感じで仕上げてみるのも雰囲気の違う写真になるねぇ。

Imgp9994_2

2011.05.15

モモンガの旅

今日のブログは長いよ&多肉ないよ

GWに吹雪の道北へ、念願のエゾモモンガに会いに行ってきました。

道北の春は遅いのです。 札幌よりも一ヶ月遅いといった感じです。

Imgp9844_2

まず手始めに、モモンガの前に、エゾユキウサギを観察。

手始めっていったってわたしゃ野生のウサギ初めて見ただよ。感動。

どこにいるかわかりますか?

Imgp9773_3

拡大。

冬は真っ白な毛のエゾユキウサギも、すっかり茶色の夏毛に生えかわっていますが、耳の先と手の先にまだ白い毛が残っています。

体は意外に大きくて、びっくりしました。足もものすごく速い!たくましいなぁ。

Imgp9773_2_2

さて、本題のエゾモモンガです。

(夜間の動物撮影が初めてだったので、この後の写真はピント合ってなかったり、フラッシュたいたりたかなかったり、つっこみどころ満載の写真が続きますが、ご勘弁。)

ほらほら、何か穴の中にいるでしょ。まだ眠そう。

Imgp9789

笑ってこちらの様子をうかがっているみたい。

Imgp9792

うひーかわいいね。なんなんだろこのまん丸の大きなおめめ。

Imgp9866

これは、モモンガがお布団に使う木に生えてるコケのようなもの。せっせこ、そぎ落としてくわえて巣穴に運ぶそうです。

モモンガの巣穴がある木の根元には、小さなフンがたくさん落ちています。ハムスターのフンと同じだね。これが、巣穴を探すときの目印になるそうです。

Imgp9887

モモンガは夜行性で、日没後約30分くらいで活動開始だそうで、それにあわせて巣穴の前で出待ちです。

起きたばかりは巣穴の出口でもじもじしてこちらを伺ったり様子見をして、やがて意を決して出かけて行きます。そのモジモジしているときがシャッターチャンス!

ではもじもじからにゅるっと出て行くまでコマ送りでどうぞ。

Imgp9807

穴が縦に長いので、顔が変になっちゃうのねぇ。

Imgp9805Imgp9808 Imgp9809 Imgp9810

あー行っちゃった~と思ったら、中からもう一匹笑いながら出てきた!

Imgp9811Imgp9812 Imgp9813_2 Imgp9814

あー早いよ。撮れないよぅ。

私もモモンガもあわてている。

この後、二匹で仲良く木の上から同じ方向に飛んでいきましたよ。もちろん写真には撮れないぜ。

はぁ~感動。マント広げて飛んでったよ。テレビで見るやつだよ。

憧れのモモンガを目の当たりにして感動しました。そして必要以上にかわいすぎる。

次の朝も、違う巣穴を訪れて、トントントン入ってますか~?とやると顔出す。

こちらの穴は丸いので変顔にならなくてすむね。あ、少しカメラ目線。(先に女仙に変換される私のパソコンってどうよ)

Imgp9820

近くの神社には、エゾエンゴサクの群生。

Imgp9970

寒いけど春が来てます。

Imgp9967

最後に今回の旅のベストショット。会社PCのデスクトップにしました。

Imgp9947

今回、この素敵なモモンガの旅を用意してくれたNっつ、急だったのに一緒に行ってくれたCヨちん、そしてこの素敵なモモンガの森へ快く案内してくださった写真家のFさん、ありがとうございました! 忘れられない楽しい旅になりました。

6月の末には赤ちゃんモモンガが見られるらしく、またおいで~と言っていただき、図々しくも本気にしている私。だって見たい。コモモンガ見たい。

モモンガは札幌の森にもいるらしいのよ。探してみたいなぁ。今年は、あとナキウサギも写真におさめなきゃいけないし。

しかし今回、撮影技術をどうにかしなくてはいけないというつらい現実をつきつけられました。練習しなきゃ。

以上、モモンガの旅でした。

2011.05.09

ハオ便!

久しぶりに更新。一ヶ月空きはギリギリ免れたよ。ふぅ。

こんばんは。

もう、半月以上も前のこととなってしまいましたが、多肉blogを通して仲良くさせていただいているBさんから嬉しい素敵なハオルチアセットが届きました!presentむふふ

約束していただいたハオの他にも、前から気になっていたものやら、好みど真ん中の透明ものまで8種類も!

こんなに頂いてしまっていいんだろうか?と思いながらも、かなりわくわくしながら、荷を解きました。

植え付けもGWまでなかなかできずに、ご報告が遅れてしまってごめんなさい、Bさん。

Bisui_2

上段(左から):ヘルバセア モアーズ 、ロゼア(ダルマK-1 Kleinmond)、ロゼア(Kleinmond River)

中段:シンビフォルミス交配、氷砂糖

下段:オブツーサ、グラキリス変種ビリディス、クーペリーピリフェラ(RIBO139 Stuttrheim)

うちにはほとんどない色付くタイプのものが多いので赤やオレンジに染まるのが楽しみでなりませんhappy02

植え付けたばかりですが、ストレスを与えようと、早速まだまだ寒い外のビニル温室に入れましたよ~。(大丈夫なのか!?)

また色付いたら、改めてお披露目したいと思います。

大切に育てます!ありがとうございます、Bさん!!

●○●○●○●○●○●○●○●○●

今日は、円山公園にサクラを見に行ってきました。

Imgp0162

Imgp0143

満開の木もあったけど、まだまだこれからでした。

Imgp0187

そして、本州ではサクラの前に咲くはずの梅はまだまだツボミ。

Imgp0180

実は、サクラより梅の方が好きだったりする。

Imgp0183

梅は今週末がよさそう。また梅狙いで行こうっと。

今まで遭遇率100%だったシマリスが今日は一匹もおらず、シジュウカラしか撮れなかった。

時間帯がダメだったんだろね。

Imgp0153

次回は、モモンガの旅をお送りいたします。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ