« コノフィツム マウガニー ‘ルフッセンス’ | トップページ | 紅大内玉咲いた »

2012.01.09

ハオルチア スペックシー

新年早々更新頑張っております。ただ暇なだけという話もあります。

ここ最近コノフィツム、リトープスのことばかりでござんしたので、今日はハオルチア行ってみたいと思います。

今回も影部分が黒くつぶれるほどのお約束の逆光写真で。


<ハオルチア スペックシー Haworthia specksii, JDV92/23 Whittlesea>

Imgp3398_2

今季は一部のハオルチアを東向きの室内窓辺で管理中。そのうちの一つ。

少し徒長気味で、山型になってしまった。もう少し背低く育って欲しい。

透明度は文句なしの100点満点。

窓の真下にはセントラルヒーティングがあるので、乾燥しているんじゃないかと思うのだけど、思ってるほどは乾燥状態ではないらしく、葉先が枯れ込むことなく美しく育ってくれています。いい感じ。

窓辺だからむしろ湿度があるのかもなぁ。

他にもベネチアや、ブラックベルディアーナなど葉先の枯れ込みやすい繊細系が一緒に置いてあるけど、枯れこんでいないし、太陽は朝しか当たらないけどそれ以外はわりかし明るい環境なので、ハオルチアにとっては結構いい置き場所なんじゃないかと思う。

Imgp3407

このスペックシー、鋸歯がものすごくまばらで、ほとんど鋸歯のついてない葉もあったりして結構おもしろい。

葉は、やや肉厚なのが先の方で急に細くなるので、私の中で、チュルンチュルンとしたやつという認識。今日も君はちゅるんちゅるんだね!と(心の中で)話しかける。

あと褒めるとしたら、焼けて色が汚くなることがなく、いつも濃緑色なさわやか君です。





« コノフィツム マウガニー ‘ルフッセンス’ | トップページ | 紅大内玉咲いた »

ハオルチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1162052/43678521

この記事へのトラックバック一覧です: ハオルチア スペックシー:

« コノフィツム マウガニー ‘ルフッセンス’ | トップページ | 紅大内玉咲いた »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ