« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013.11.13

くどいリトープス

Lithops lesliei ‘Fred's Redhead’ SHA-05

リトープス 紅紫勲 ‘フレッドレッドヘッド’

くどいと思うんです。 赤ボディに黄花は。

Imgp5728

Lithops bromfieldii v. glaudinae Rubroroseus

リトープス 紅グラウディーナエ ‘ルブロロゼウス’

ピンクボディに黄花もまた然り。

Imgp5732_2

やはり赤やピンクには白花でしょう。

Imgp5741

ガクも派手すぎ。

こういう色と襟のシャツあるでしょ。

ホストさんとかが着てるやつ。

得意じゃないわー。

2013.11.12

ステフ

今日はステファニー

昔、夕方やってたアメリカのホームコメディドラマ(?)のフルハウスに出てくる次女、ステファニーが大好きだったなぁ。生意気でめんこいんだよね。

でも、一番好きなのは、キミーだよ、やっぱり。 だって、くるってる。

Conophytum stephanii ssp.helmutii Rosyntjieberg S.H

Imgp6083

最近、赤花赤花言っているのですが、こちらは赤らしい、赤。

本物の赤ー!って感じ。

タビ型もこのくらい赤ければねぇ。

どうでもいいけど、すっごい小さい。

花の咲いてる一番大きなボディで、直径1cm前後。

Imgp6082

さらに小さい豆が下から増殖してます。

毛むくじゃらでかわいい。

もっとポコポコ、増えれーい。

2013.11.11

コノフィツム ‘蜀紅殿’と‘バラ典’

積もった、雪が。

さすがのメセン軍団も、寒さで花芽が途中で止まっている。

さぁ、どうしよう。

(もう室内に入れなきゃだめだよねー、めんどくさーい。でも、なんだかんだでまだ大丈夫だと思うんだよねー。)

ということで、まだ粘ります。

今日は、タビ型コノの赤花品種

コノフィツム ‘蜀紅殿’

Imgp5997

太陽のような大輪が咲きました。

これは、赤花に認定します。

しかし、これは自分基準の認定なので他の方は気にしませぬよう。

red flower とか書いてあっても、オレンジなことが多い。

先日の‘サマーレッド’も、私基準では赤花認定。

Imgp5999

中心が黄色で派手です。

赤花で、中心が真っ白のがあっても綺麗だろうな。

サマーレッドは、赤一色だったよう。

そして、赤花コノ注目No.1の コノフィツム‘バラ典’ なんですが、

花芽があがったと喜んでいたのですが。。。

Imgp6005

この状態で、終わりました。 

(´・ω・`)しょぼりんこ。

悲し。

いと悲し。

すごく楽しみだったのに。

写真ではわかりませんが、この状態でも、他とは違う深紅色をしており、ただものではないということだけは、感じられました。

う~む、花芽が完全に形成されていない感じ。

もうひとつの花芽なんて、写真の赤部分がない状態で、もっとひどかった。

去秋に買った時点で、ボディにしわが寄ってて、水遣ってもふくらまず、脱皮前までその状態。

おそらく脱皮に失敗して南無阿弥陀仏だろうと思っていたのが、脱皮を終えてシワがなくなってたので、一安心していたのですが、、。

古くからある品種らしいのに加え、あまり売っているのを見かけないので、生き残っている株自体も少なく古くなっているのかな。

来年は咲きますように。

2013.11.01

コノフィツム 夜咲き種 撮った

Conophytum urspyungianum v. stayneri RR992

コノフィツム ウルスプルンギアヌム変種スタイネリー RR992

芳香系の夜咲き種。

斑点付きのウルスプルン系は、溶けたり、本体が小さくなったりで、いまいちうまく育てられませんが、今のところこれだけは丈夫で育てやすい。

普段は毒々しい模様のお豆さん

華麗なる開花までの道のり

はじまりはじまり

10/5 撮影 まめまめ

Imgp5542

10/21撮影 花芽出てきた出てきた

Imgp5780

10/26撮影 伸びてきた伸びてきた

Imgp5820_2

10/29撮影 咲いた咲いた!

夜咲きの室内撮りはつらいよ。

Imgp5864

ほへー、かわゆーい。ぽんぽん。

Imgp5872

横から見ると、すごく体力使ってそう。

頑張ってるね!イイコイイコ!

これが開花時のスタンダードかと思っていました。

ので、ここで記事は終わるはずで、今ベランダに名札を見に行ったところ!!

今日はがっつり開ききってる!!

線香花火みたいでステキ。

メセン類の花は、咲き始めと、終盤で違う姿が見られる所も、魅力だね。

10/31撮影 開いた開いた

Imgp5907

香りも、開ききっている方が、すごくきついです。

以上、派手系夜咲き種でした。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ