ハオルチア

2014.04.14

ハオルチア 阿寒湖

札幌、ようやく春めいてきた。

庭は、クロッカスが咲いてる。

Imgp6299

今日は暖かかったので、多肉用温室を組み立てようかと思いたったけど、物置の奥にあったので、やめました。

ので、玄関の多肉を庭に並べて日向ぼっこさせるのみ。

今はハオ達が結構いい感じにふくらんでる時期。

ハオルチア 阿寒湖 がピンクにぬらめいていました。

ハオはやっぱり透明窓だわ。

Imgp6339

2013.10.01

ハオルチア ミニ・ブルーレンズ

1年以上も、軟葉系ハオルチアを書いていないことに気付いたね。

1年前の10月1日のミニ・ブルーレンズ。 オォ。

Imgp5005

そして10日前の、ミニ・ブルーレンズ・・・

Imgp5359

ナニコレ、

ナンダヨー

なんか成長点、中心からやや寄ってる

いい加減にしてー

2012.07.16

ハオルチア ‘スバル’

Imgp4899

Haworthia  'SUBARU'>

ハオルチアに目覚めて約4年。

最近はじめて、硬葉系のハオルチアに「わぁっ」ってなった。

スバルという名の交配種。

硬ハオ第1号。

Imgp4904

なにがわぁってなったかというと、もちろんこの盛り上がったぶつぶつ。

クッキーに砂糖でコーティングするアイシングみたいな感じ。

隣り合った粒が溶けたようにつながってるとこも好き。

Imgp4911

葉の縁に整列してるとこもよい。

Imgp4909

根元からどんどん出てくるぶつぶつ。

たくさん出て来いブツブツ!!

 

2012.07.10

ハオルチア カミンギー が・・・

Imgp6529

<ハオルチア・カミンギー Haworthia cummingii DMC11214, Committees Drift>

約2年前の姿。

いつも綺麗で買ったときと変わらないわぁ。って思ってて写真見比べて愕然。

いつのまにこんな姿に・・・。

Imgp4696

何が起こっているのかわからない。

これはこれで透明で綺麗なんだけど、色味がない。

葉緑素がないように見える。

でも直射日光当ててるわけでもない。

植え替えしたけど特に根に異常は見あたらない。

弱ってそうでもないけど、元気なわけでもない。

水あげても特に反応ないけど、水吸えなくてしなびけてる様子もない。

中央から出てきている葉は若干緑色を帯びていますが、すぐにこの色になりそうな雰囲気。

これってどういう状態ー!?

いつか途端に調子がなくなってそのまま・・・ってなることにびくびくしている毎日。

お気に入りの株が調子悪いと、ホントへこみます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

では、今日(撮ったのはだいぶ前)の庭のバラ。

咲き始めと終わりじゃ、色が違うんですと。

Imgp4592

2012.07.01

赤いハオルチア その3  ~ロゼア~

今日は、赤くはないけどピンク色のハオルチア、ロゼア2種。

どちらもありがたいいただきもの。

Haworthia rosea K-1 Kleinmond  ハオルチア ロゼア(ダルマK-1 Kleinmond産)>

約一年前、いただいた時。

Imgp0109

そして、今。 ベランダで一番ぶりっこなハオかも。

葉先だけピンクってのが、最強に罪。

でも全体がピンクの姿も見てみたい。

下は3週間前の写真。

Imgp4386

そして、今日。 すこしピンクさが増しました。

ハスの花みたいな草姿。ダルマ葉最高。

Imgp4628

水やり具合と焼き具合の組み合わせが難しい。

どうしてもプリプリにしたいから水やるけど、すぐ緑色になっちゃう。

上から。

窓がほとんどなくたって素晴らしいハオがあるもんだ。

Imgp4648

2種類目。

Haworthia rosea  Kleinmond River  ハオルチア ロゼアKleinmond River産)>

同じ産地っぽいですが、一つ目とは草姿が全然違います。

同じく約1年前。

Imgp0110

今日。こちらの方がより全体的に色づきます。

Imgp4616

綺麗なサーモンピンクに染まりました。

上から。

なんだか、横からの写真と色違うね。まぁいいや。

草姿はダルマの方がいいけど、色付きはこっちがいいやーね。

Imgp4618

う~む、ロゼアいいね~。

レイトニーを色づかせるのが下手すぎて、私にはこれも無理かもと思ってたけど、ちゃんとピンクに色づいてくれたね!嬉しい!

いつかは、Cana 手に入れたい。

ニシさんのカタログのCana 綺麗なんだよね~。透明でピンクで。

○○○○○○○○○

では、最後に、庭のRose。

Imgp4514   

2012.06.29

赤いハオルチア その2 ~ピンクレディー~

こんばんは。札幌暑いですね。

今朝、なくしたと思って何ヶ月も探していたネックレスが自転車のU字ロックキーの鍵自体の穴(keyの断面が穴状になってるでしょ)に挟まって出てきました。

完全にコビトの仕業です。

だってあのカバンのポケット何度も探したもんね。

<Haworthia  'Pink Lady'   ハオルチア 'ピンクレディー'>

半月も前の写真。 ピクタ交配でしたっけな??違うかも。。

もう少し寒い時に赤くなればねー、縁がもっと赤くなると思うんだけど。

今シーズンはこれが限界です。ここ何日かの暑さで緑色になってきました。

メタリックな照りがお気に入り。

小さい頃はあんま好きじゃなかったけど(じゃあなぜ買った?とか聞かない)、最近結構だいぶ好き。

Imgp4395

庭はバラが満開です。

よそのおうちも素敵にバラが咲いてる。

やっぱり洋風なおうち&ガーデンに、すごく合うね。

うちは和風でも洋風でもない造りなので、微妙。

Imgp4576

2012.06.14

赤いハオルチア その1 ~コレクタ~

全然暖かくならない札幌。

ましてや夜はものすごく寒い。

ハオルチア達がまだ赤く色づいたままです。

今、多肉棚で一番赤いハオルチア。

Haworthia correcta ハオルチア コレクタ>

Imgp4390

このコレクタ、また根がやられているせいかもしれないけど、この毒々しい赤がうちの他のハオルチアではまず出ない色なので、これでよい。

コレクタ、やっぱり形よく育てるのすごく難しい。相変わらず隙間だらけのデコボコ。

せめて高さだけでも揃えたい。

毛細血管のようなこの模様がすごく気に入ってます。

Imgp4393

NISHIさんのブログの根の整理の仕方を読んでたら、ものすごい植え替えしたくなってきた。今春一鉢もやってないし。

結構、むしって切っていいんだね!

今まであまり切りたくなくて、長いままぎゅうぎゅう鉢に押し込んでたよ。

2012.06.11

東京ビッグバザールの旅(バザール編)

先週末、東京のI.S.I.J.のサボテン・多肉植物ビッグバザールへ行ってまいりました。

去年のバザールに引き続き2回目。 

昨秋より、人が多かったような気がします。

会場は昨年同様、ものすごい熱気まみれ、汗まみれ。

みんな、そんなに多肉が好きなんだねぇすごいねぇ。。

Imgp4216

前回はリト・コノ・球根系ばかり買いましたが、今回は逆。

ハオルチアばかりと小物系を買いました。狙ってたものがほとんど買えて大満足。大興奮。

では、1つ目。

Haworthia agnis  ハオルチア アグニス>

流行に乗り遅れること一年近く、窓が綺麗なのがあったら欲しいと思っていたら、好みのがありました。

しぶい感じによく焼けてます。

Imgp4356

やはりこの泡状窓いいねぇ。窓模様の入り方すごく気に入った。チョビ毛もかわいい!

2つ目。

Haworthia badia D  ハオルチア バディアD>

バディアは艶ピカなのあったらなと思ってた。

これはもろ好み!でもDってなんだろ、Dって。教えてください誰か。

バディアのデイライトっていうのもよかったなぁ。今回はガマンしたけど。

Imgp4448

3つ目。

これは今回一番興奮したぶつ。

欲しいと思ってたけど、まさかバザールで買えるとは。

Haworthia calaensis, IB12513 8km SW of Cala  ハオルチア カラエンシス>

Imgp4381_2

たまたま手に持った鉢のラベル。

鉛筆でか細く書かれたその文字とリンクするエレミヤさんのblogで見たあの素敵なハオルチアの記憶。(ぜひ見てみて!)

ひゃあぁ、運命の出会いですよ。

しかし、にぎりしめたはいいが、恐ろしいことに肝心の値段が書いてない。

売り子のおねぇさんに聞くと、「あら、会長に聞かないとわからないわ。」って。

かかかか,会長?? ひぃー、不安。一体おいくら??

安くはないけど、ごく普通の値段だったんで即決しました。あーこわかった。

「最近輸入されたばかりなんだよー」って言われたよ。

入り口入ってすぐ右のブースだったんですが、I.S.I.J.の会長さんだったんでしょうかね??

まだ小さくて、特徴が出てませんが、すでに青光りも見られるし、ぬふふです。

そして4つ目。

その会長さんのところで一緒に買いました。

Bulbine mesembryanthoides ブルビネ・メセンブリアントイデス>

わたくし、この手の変植物にはすぐ飛びつくはずなのに、なぜか持っていなかった。

夏、地上部が枯れてなくなる系が苦手。だから去年買った球根系ダメにしてるかもしれない。だからメセブリも買わなかったのだと思う。

つーか、ブリリアントイデスだと思ってた。リ一個多い。

ゼリーだねーやっぱりいいねーいいねー。

Imgp4478

5つ目

Echeveria laui  エケベリア ラウイ>

真っ白お粉が素敵なラウイ。初ラウイ。

綺麗だけど粉ハゲるからイヤよーと思ってたけど、やっぱり欲しいものは欲しい。

なぜか、買うとき笑われた。

「これください」

「あぁははん(笑)ラウイね」 なぜ。

そして、「ラウイ大きくなったらかわいいよねー」って言われた。

今も十分かわいいけどなー。笑われたのは謎だったけど感じのいいおじさんだったな。

Imgp4373

以上、ビッグバザールでの充実の購入品5点! 大満足!

楽しかったー!またビッグバザール行きたいー!!また行くー!!

2012.05.18

ツブツブと春

ブログが全然更新されていないけど!というありがたいお言葉をいただきまして、更新してみました。バレてたか・・・ありがたし。

先日、ジュンサイっつーものを初めて食べた。
食べたことあった気がしてたけど、気のせいだったみたい。

好みのプニプニ系!
ナダデココとかタピオカとかと一緒のくくりだよ。
コンビニのデザートコーナーに置いてほしいね。

あの植物、なに?なんだっていうの。おもろすぎ。
なぁに?あの周りのゼラチン質。

まさに春先の池で見るコレじゃないか。
これ、大人になって見つけても興奮するー。好っきだわー。
もちろん、指でつんつんしときました。
少し指に吸い付いてねっぱる感じがいいよねー。

Imgp3852

そしてこれでこれ思い出した。
オブ山。
3号鉢ぎゅうぎゅうに育った。

Imgp4034
Imgp4032
絶対に植え替えれない。 はたして鉢に土は入っているのだろうか・・・。

と、これで終わると地味すぎるので、花でも載せます。

今年は桜をはじめ春の花を少ししか撮っていない。

これは、春先に庭で真っ先に咲き出したクロッカスの仲間。
群生して、すごく目立つ。

Imgp3771

相変わらず構図が下手すぎる。嫌気がさす。おえおえ~。

カエルのタマゴ池の横でぶいぶい咲いてた綺麗なピンクのヒヤシンス。

Imgp3845_2

ソフトなピンクは幸せな気持ちになるね。

今年も桜を少し撮ったけど、家でパソコンで見たらもうはやマイマイ毛虫が写っててげんなり。

これには写ってないけど。

例年よりサクラが早く咲いた気がするけど、毎日寒すぎるのはどうして

Imgp3892_2

しかしまぁなんと統一性のない記事・・・。

更新したことをよしとします。開き直り)

2012.02.06

魅惑のシンビ棚

最近朝出勤時に見てはニヤリとしている棚。

去年はニヤリのオブ棚があったけど、今年はバラバラのトレイに入っていて集合していない。

今年はシンビ集合。逆光と最強タッグ。
シンビは逆光で見ないことにゃ始まらないよ。

Imgp3552
ちなみに、バックの白点は決して雪がちらついてるとかではなく、ビニルについた霧吹きの跡。単に汚いよごれ。。見ないで。

ひとつひとつ記事にするのはめんどいので写真をずらっと。

<H.transiens MH04-220, Plein Plaasie Rivier>
Imgp3470
<H.transiens EVJ15342 Dieprivier>
Imgp3571_3
うーむ、この二つはほとんど同じにしか見えない。札なくしたら絶対わからない。

二枚目の方が格子模様が強いかしらん??


トランシエンスでも、この3つ目はとても特徴的。

<H.transiens PVB7077 Oshoek Joubertina>

葉先も葉自体もまーるいから、これはとってもわかりやすい。網格子模様も顕著。

Imgp3562

4つ目は、みなさまおなじみ超透明肌シンビ。

H. cymbiformis v. cymbiformis Baaken's Valley>

わたくし、これ育てるの下手くそ。ふっくらなったことがない。。。いつもちょいやせ&すかすか気味。ぶっくぶくのブクリンにしたいんだけど。

Imgp3560


5つ目は、ロゼット型がきれいな蓮の花のよなプロリフェラ。一番好きだ~。

<H. cymbiformis v. prolifera>

Imgp3564
好きなので上からのショットもね。
一枚一枚、ほんと花びらみたいに薄く重なって、透明度も高くてよすぎです。

根が若干暴れ気味ではありますが、無視。

Imgp3573


この小さいのはドドソンシンビ。
植え方がものすごい下手だったため、浅く植わさってなんか妙な鉢になってしまっただ。

<H. cymbiformis -Dodson Collection>

これはこれから大きくしていきます。

Imgp3557

シンビ最後はbさんからのいただきロゼア。

<H. rosea  K-1 Kleinmond>

葉がピンクに色づく楽しみは春の紅葉までお預け。形はまあまあ様になってきたかな?

Imgp3575_2

おまけ。集合写真の一番前に写っているピクチュラータ。

シンビじゃないけど、私の中で勝手に同じくくりになってシンビ棚にいます。

<H.picturata  IB13706 Skoonuitsig, 12km N of Patensie>

群生させると綺麗らしい。頑張るんば。

Imgp3556

あー写真貼り過ぎた。疲れた。

同じような写真を並べたのに飽きずに最後まで見てくださったかた大変ありがとうございました。

連日の真冬日のせいで、気温がマイナスじゃなければあたたかく感じる昨日今日。0℃って暖かいわね!

より以前の記事一覧

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ