庭の花

2012.07.10

ハオルチア カミンギー が・・・

Imgp6529

<ハオルチア・カミンギー Haworthia cummingii DMC11214, Committees Drift>

約2年前の姿。

いつも綺麗で買ったときと変わらないわぁ。って思ってて写真見比べて愕然。

いつのまにこんな姿に・・・。

Imgp4696

何が起こっているのかわからない。

これはこれで透明で綺麗なんだけど、色味がない。

葉緑素がないように見える。

でも直射日光当ててるわけでもない。

植え替えしたけど特に根に異常は見あたらない。

弱ってそうでもないけど、元気なわけでもない。

水あげても特に反応ないけど、水吸えなくてしなびけてる様子もない。

中央から出てきている葉は若干緑色を帯びていますが、すぐにこの色になりそうな雰囲気。

これってどういう状態ー!?

いつか途端に調子がなくなってそのまま・・・ってなることにびくびくしている毎日。

お気に入りの株が調子悪いと、ホントへこみます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

では、今日(撮ったのはだいぶ前)の庭のバラ。

咲き始めと終わりじゃ、色が違うんですと。

Imgp4592

2012.07.01

赤いハオルチア その3  ~ロゼア~

今日は、赤くはないけどピンク色のハオルチア、ロゼア2種。

どちらもありがたいいただきもの。

Haworthia rosea K-1 Kleinmond  ハオルチア ロゼア(ダルマK-1 Kleinmond産)>

約一年前、いただいた時。

Imgp0109

そして、今。 ベランダで一番ぶりっこなハオかも。

葉先だけピンクってのが、最強に罪。

でも全体がピンクの姿も見てみたい。

下は3週間前の写真。

Imgp4386

そして、今日。 すこしピンクさが増しました。

ハスの花みたいな草姿。ダルマ葉最高。

Imgp4628

水やり具合と焼き具合の組み合わせが難しい。

どうしてもプリプリにしたいから水やるけど、すぐ緑色になっちゃう。

上から。

窓がほとんどなくたって素晴らしいハオがあるもんだ。

Imgp4648

2種類目。

Haworthia rosea  Kleinmond River  ハオルチア ロゼアKleinmond River産)>

同じ産地っぽいですが、一つ目とは草姿が全然違います。

同じく約1年前。

Imgp0110

今日。こちらの方がより全体的に色づきます。

Imgp4616

綺麗なサーモンピンクに染まりました。

上から。

なんだか、横からの写真と色違うね。まぁいいや。

草姿はダルマの方がいいけど、色付きはこっちがいいやーね。

Imgp4618

う~む、ロゼアいいね~。

レイトニーを色づかせるのが下手すぎて、私にはこれも無理かもと思ってたけど、ちゃんとピンクに色づいてくれたね!嬉しい!

いつかは、Cana 手に入れたい。

ニシさんのカタログのCana 綺麗なんだよね~。透明でピンクで。

○○○○○○○○○

では、最後に、庭のRose。

Imgp4514   

2012.06.29

赤いハオルチア その2 ~ピンクレディー~

こんばんは。札幌暑いですね。

今朝、なくしたと思って何ヶ月も探していたネックレスが自転車のU字ロックキーの鍵自体の穴(keyの断面が穴状になってるでしょ)に挟まって出てきました。

完全にコビトの仕業です。

だってあのカバンのポケット何度も探したもんね。

<Haworthia  'Pink Lady'   ハオルチア 'ピンクレディー'>

半月も前の写真。 ピクタ交配でしたっけな??違うかも。。

もう少し寒い時に赤くなればねー、縁がもっと赤くなると思うんだけど。

今シーズンはこれが限界です。ここ何日かの暑さで緑色になってきました。

メタリックな照りがお気に入り。

小さい頃はあんま好きじゃなかったけど(じゃあなぜ買った?とか聞かない)、最近結構だいぶ好き。

Imgp4395

庭はバラが満開です。

よそのおうちも素敵にバラが咲いてる。

やっぱり洋風なおうち&ガーデンに、すごく合うね。

うちは和風でも洋風でもない造りなので、微妙。

Imgp4576

2012.06.13

東京ビッグバザールへの旅(鎌倉・江ノ島編)

ビッグバザール前日に出発して、1日目は鎌倉・江ノ島観光。

なんか知らんが鎌倉ものすんごく好き。

私、大仏これで3回目。

Imgp4123

いや、別に大仏が好きな訳じゃないんだよ。

旅のお供が大仏見たことない言うから連れてった。

あげく、「あれっ、なんか違う、あっ、奈良の大仏想像してた」

ガーン。。。

Imgp4124_3

6月の鎌倉ったらアジサイでしょ。

ガイドブックいいだけ見て、頭の中、通路両脇アジサイでモリモリの図。

成就院。

Imgp4139_3

ちっ、つぼんでやがる、早すぎたんだ。

でもちらほら咲いてたから、いっか。雰囲気は味わえたよ。

この後、あじさいの写真同じアングルでたくさん出てくるから覚悟。

Imgp4148_3

寺の脇に、焼き物が売ってる。

こういう和の風景、北海道にない。憧れる。

Imgp4149_2

Imgp4150

江ノ島到着。

どうしても去年食べた美味しい生シラスが忘れられず、夕飯近いのに無理くり店に入る。

結果、がっくり。美味しくない。 何が失敗ってシラスが全然違う。

上の写真、今回のね。下の写真去年のやつね。 もちろん違うお店ね。

生シラスは鮮度が落ちるのが早い。しかも、今回は夕方だったけど前回は仕入れ直後だった。

でもそのことを差し引いてもさ、大きさも釜揚げしらすの質も写真で一目瞭然だよ。

店はちゃんと吟味するべき!学んだぞ。

次は絶対去年のお店で食べる。

Imgp4159_2

Imgp2962

江ノ島のなんちゃら植物園とそこにある展望台からの眺め。

アマリリスが地植えで若干ひく。鉢植えしか見たことないから。

ちょっと変と思ってしまった。

Imgp4182

江ノ島からの鎌倉?方面の図。

Imgp4183

多肉登場。リュウゼツラン。でかすぎる。

アスパラみたいなドでかい花芽どかっーん。

何十年とか百年に一度咲くらしい。咲いた後本体は枯れるらしい。

隣のも花芽伸びてたけど、一度に咲いて大丈夫なの??

Imgp4185


大好きなガクアジサイ。

Imgp4194_2

江ノ島の猫。

だいたいひとだかりができてる。みんな何珍しいの撮ってるのかと思うと猫。

さすが江ノ島ブランド。

しかし目つき悪すぎ。

Imgp4195

変わった縁どりのあるあじさい。なかなか見ない種類。

Imgp4196

真っ白いのもなかなか素敵だった。

Imgp4197

磯のふふふフナムシ。

Imgp4199

磯の猫。

Imgp4203

江ノ島の居酒屋で、静岡産の生のサクラエビっつーものを初めて食べた。

美味!甘くてぷちっとしてる。

北海道では食べられないもの。旅行の醍醐味だね。

って肝心の江ノ島産じゃないんだけどね。

Imgp4213


はい、終わりー。

2012.05.27

温室新調

ブログサボり気味ですが、多肉は愛でています。

その証拠として今春、簡易温室を新調しました。

Imgp4042

へへへふふー。

無駄に高さがあり、しかも安価でちゃっちい作りなため、少しの強風でもかなりばふらめいて、いつ飛ばされてもおかしくない感じ。

こんなに置けて約8000円(値下げされてて約6000円で購入)ならいいべ。

去年まで使用していた、棚にビニルカバーがかかってるタイプの温室に比べて、自分が温室に入れるし、わざわざ多肉見るのにトレイを出し入れしなくてイイから、すごく満足ー。

今日は椅子置いてコーヒー飲んだ。一人多肉カフェ。何時間でもいられるー。

憧れのナウシカ部屋に少し近づいたかな。ま、でもふつう、ナウシカ部屋に布団ばさみは映りこまないよね。程遠いわ。

中はこんな感じです。

Imgp4043_3

うちのベランダは東向きで、奥正面が南になります。

棚上部はメセン類で占めています。
向こう半分に遮光ネットをかけてコノフィツムを、手前には遮光なしでリトープスを。
リトープスは真夏の休眠時期もそんなにそんなに遮光しない方が開花率がよかったので、今年もそれでやってみます。(札幌ではの話です!)

温室のビニル自体、網目がついていて、少し遮光されるので、真夏まではこの状態で行きます。

下の段はハオルチア類。去年まで使っていた簡易ビニル温室の棚部分を利用。上にビニル(ただのゴミ袋)をかけて、保湿効果&遮光を狙っていますが、蒸れにビビってかなり横が空いているので、期待薄。

Imgp4047

あーあ、このまま冬を越せたら最高なのになぁ。。

温室を設置して危険なのは調子にのって夏の間鉢を増やし、冬置き場に困り、いい場所が与えられずにないがしろにされた肉達がひどい姿で春を迎えることです。

増やさなきゃいいんだげど、去年の秋のビックバザールにひき続き、来週の東京の多肉ビックリバザールにまた行くことにしたので、確実に増えるのです。

今回は鶴仙園の本店にも行ってみようかなと思います。楽しみ~。初夏だから、休眠間近のメセンはあまり期待できないかな~。ハオルチアいいのあるといいなぁー。

本日の庭の花。

アーネーモーネー

Imgp3957

しべフェチにはたまらない。

微妙にピントが甘いですね。もっと合うとこバキッと撮りたいな。

と言っても、三脚めんどくさがることをやめない限り無理だねーこりゃ。

Imgp3954

ただいま朝の4:00。 やっと眠たくなってきた。おやすみー。

2012.05.18

ツブツブと春

ブログが全然更新されていないけど!というありがたいお言葉をいただきまして、更新してみました。バレてたか・・・ありがたし。

先日、ジュンサイっつーものを初めて食べた。
食べたことあった気がしてたけど、気のせいだったみたい。

好みのプニプニ系!
ナダデココとかタピオカとかと一緒のくくりだよ。
コンビニのデザートコーナーに置いてほしいね。

あの植物、なに?なんだっていうの。おもろすぎ。
なぁに?あの周りのゼラチン質。

まさに春先の池で見るコレじゃないか。
これ、大人になって見つけても興奮するー。好っきだわー。
もちろん、指でつんつんしときました。
少し指に吸い付いてねっぱる感じがいいよねー。

Imgp3852

そしてこれでこれ思い出した。
オブ山。
3号鉢ぎゅうぎゅうに育った。

Imgp4034
Imgp4032
絶対に植え替えれない。 はたして鉢に土は入っているのだろうか・・・。

と、これで終わると地味すぎるので、花でも載せます。

今年は桜をはじめ春の花を少ししか撮っていない。

これは、春先に庭で真っ先に咲き出したクロッカスの仲間。
群生して、すごく目立つ。

Imgp3771

相変わらず構図が下手すぎる。嫌気がさす。おえおえ~。

カエルのタマゴ池の横でぶいぶい咲いてた綺麗なピンクのヒヤシンス。

Imgp3845_2

ソフトなピンクは幸せな気持ちになるね。

今年も桜を少し撮ったけど、家でパソコンで見たらもうはやマイマイ毛虫が写っててげんなり。

これには写ってないけど。

例年よりサクラが早く咲いた気がするけど、毎日寒すぎるのはどうして

Imgp3892_2

しかしまぁなんと統一性のない記事・・・。

更新したことをよしとします。開き直り)

2012.03.12

椿展

百合が原公園温室の、椿展へ。

北海道はお庭で椿を見ることができません。

和の花を堪能してきました。

Imgp3673

大きめの花は小さい花より撮るのが難しい気がする。

気付けばまた日の丸構図。

温室は、風も吹かないし暖かいし写真撮るには楽園です。

しかし、一人で半日かけて、もくもく撮りたい。

焦っちゃってどれもこれもピントが甘くなるよ。

2011.09.25

開花の予感

メセンの季節です。

L. lesliei ssp. lesliei  v. leslieiAlbinica リトープス ‘アルビニカ’(白花黄紫勲)>

Imgp2361

5つ子アルビニカ。

昨日見たら、ぱっくり!花芽ですよ!きたこれ。

Imgp2423

ちょうど割れ目のてっぺんに謎の雑草が生えて、リンゴちゃんみたくなってる。

かっ、かか、かわいい。

5つのうち、一番透明度が高くて、プクプクしてる一番のお気に入りのもおそらく花芽が中にいそうな雰囲気。

あー咲くの楽しみ♪ 秋ってなんてベランダが楽しいのでしょう♪

Imgp2424

もうひとつ

<招福玉 L. schwantesii ssp. schwantesii v. schwantesii  C077>

にも花芽があがってきてる。

私に、福は来るんでしょうか。

Imgp2340

今日の庭花は、コルチカム (和名:イヌサフラン 英名:オータムクロッカス)

サフランもクロッカスもアヤメ科だけど、これはユリ科なんだって。

薬用植物なんだってさ。

毎年、秋になるとポコポコ咲いてます。

Imgp2420

2011.09.19

今年のブルゲリ3兄弟

コノフィツム・ブルゲリ Conophytum burgeri

5月末には休眠に入っていたブルゲリ3兄弟

右のオチビは絶対休眠明けにはいないだろうと思ってた。

Imgp0282

一週間前に皮をむきました。

右と左が逆だけど。


Imgp2312

皮むいてる途中で、前後の写真撮るのを忘れているのに気づく。

一番右をまだむいてないので、セーフ。

Imgp2316

はい、完了。つるっとゆで卵肌。

今年も3匹とも無事に夏を越せました。

しかし、ちっとも大きくなっておらん。

前記事・去年の12月

ブルゲリは単頭飼いの方が、大きくなるってどっかで読んだ気がする。

一番大きいやつの頭頂部のみずみずしさがたまりませんのよ。

Imgp2337_2


今日の花は、庭に植えたのに、二階のベランダの多肉棚まで伸びてきた朝顔。

白地に控えめに入ったピンクがなんとも上品で好きだ。


Imgp2303

2011.08.07

しつこく

あぢー。さすがに8月は。

家にはエアコンありません。会社にいた方がまし。

一ヶ月前に、コノフィツムを起こしてしまった記事を書きましたが、その後は水あげてないんで、そう早く脱皮も進行せず、コノの一番綺麗な状態を保っております。

お盆が過ぎたら、北海道は一気に肌寒くなる(はず)なので、水やり再開します。

一ヶ月前とあまり変わらない図。しつこい。

ぷりすべ。倍に増えてる。ふふふ。

Imgp2019

こちらは模様にとても特長があるタイプ。さわやかグリーンです。

これも倍になった、いひひ。

Imgp2022

これは一番お気に入りのやつ。ぶっつぶつ。

これは、球体の奥に白いものが透けて見えてる。

花芽だったらいいなぁなんて期待してる。

でも増えなかった。。。

Imgp2030

そして、今シーズン、3度目の登場、フリチア・菊光玉。

本当しつこいと思う。でも嬉しいんですもん。

6月の19日に一つ目が咲いて、その一つ目が一ヶ月以上も咲き続けて、今は、2,3,4番目が咲いています。

トリプルです!

でも体が小さいので、ところ狭しと重なって咲いています。頑張ってるねぇ。

Imgp2116

こちらは、フリチア・光玉、2番目の花。

菊光玉に比べて花持ちはそんなに長くありませんでした。

この首筋、ものすごく色気があると思うのです。

Imgp2147

○●○●○●○●○●○●○●○●○

○●○●○●○●○●○●○●○●○

そして、最後もしつこくアジサイ。

会社のアジサイの色合いがすごく綺麗なんで、カメラ持っていって撮影に挑みましたが、頭上の枝にえげつない大きなマイマイガの毛虫がついていて、集中できず。

完全にへっぴり腰。

中途半端なピント、中途半端な構図で消化不良に終わりました。あぁ。。。

これは毛虫のいないところの、ごく普通のアジサイ。

普通すぎたので、埋もれてみました。

Imgp1949

 

フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ